serious bunburying

隕石で手をあたためていましたがこぼれてしまうこれはなんなの

山梨旅行 一日目

たまにアクセス解析を見るとこんな小さな、かつ閉鎖的なブログにたどり着いてくれている人がいることに驚く。どうも、ありがとうございます。

 

先週の木曜から3泊4日で先輩の実家である白州へ2人で行ってきた。

実家と言っても、もう先輩の家族はみんな東京へでてきてしまっているので今は空き家だ。いや、別荘といったほうがいいのか。

 

1日目、八王子駅で待ち合わせをして中央線の鈍行に乗り、終点の小淵沢を目指す。小淵沢が最寄りだ。

途中で先輩の出身中高や友達の家、あの自販機で父がよく飲み物買ってた、など思い出話を聞くことができた。今まで話には聞いていたけれど、それがどんどん画になっていくのが、うれしかった。

小淵沢へ行く途中の穴山駅でいったん降りると、無人駅で本当に田舎にきた~!という実感がわいた。ICカードが利用できるようになったのもここ5年程の出来事らしい。町をぶらぶらするも、美容室以外は住宅だらけ。どんな田舎にも美容室(理容室?)だけはある気がする。

私の家のある横浜から約4時間かけて、ようやく目的地である小淵沢駅に着く。ここでアクシデントが発生した。

レンタカーを借りる予定が、予約でいっぱいで借りれないというのだ。

田舎で車がないのは恐ろしい。本当にどこにも行けない。後述するが一番近いスーパーへ片道徒歩1時間かかる。

先輩が「うわ~まじか~ほんとごめん・・・・予約しとけばよかった~・・・・」と萎え始めたので一端駅の近くでおひるごはんにしましょう!と言い、そば屋に入った。

蕎麦屋は人も少なくて一人だけ酒飲みのおじさんがいた。先輩は「うお!これ珍しい!」とカレーそばを注文。私は卵丼にした。そばはとても太くてカレーも本格的だった。卵丼はつやつやしていて、お吸い物もおいしかった。

ちょっと機嫌のよくなった私たちはバスを探すとサントリー工場行きの無料シャトルバスがでていることを発見。サントリー工場から先輩の実家までは徒歩10分。非常にありがたい・・・。ここからこのシャトルバスにはとてもお世話になる。

シャトルバスに乗っていると田んぼが見えてきた。収穫間近なのか本当に田んぼが黄金色で、すごいすごい!!!と大興奮していた。バスに乗っている客は私たちだけだったので思う存分はしゃいだ。先輩にとっては普通のことらしい。

あっという間にサントリー工場に到着。家へ向かって歩き始めると一面森、森、森。

家はほとんどなく、あっても別荘もしくは旅館。

森の奥へと進んでいくと大きいおうちが見えた。途中でクモの巣に引っ掛かりつつ、到着。車の周りが草だらけでなんだかジブリのおうちみたいだった。お庭のコケがふかふかで感動冷めやらぬままお家に入ると、すべてが木でできていて、部屋も10コ以上あった気がする。分厚い木でできた大きいテーブルとソファが印象的だった。玄関のすぐ近くにピアノがあって、ここで練習していたんだな、と思うと先輩の過去に触れられたようでうれしかった。

このお家好きです、というと先輩もニコニコしてくれた。可愛い。

 

シャワーを浴びてさっぱりしたところで川遊びへ出かけた。

川へは歩いて15分。途中で県外からもお客さんが来るような有名なコーヒーショップがあり、そこで食べたピーカンナッツチョコがびっくりするくらいおいしかった。コーヒー好きな父に地元限定のコーヒーを買った。先輩は母親にカフェオレを買っていた。

香ばしい匂いの漂うコーヒーショップをあとにして私たちは川へと向かった。その途中で何やらでかでかとした看板を発見し「「何あれ!」」とみてみると”無人直売所”と書いてある。その下には「ブルーベリー」と書かれていて先輩が「ブルーベリー!!!」と興奮していた。(かわいい)

無人直売所は私の父の実家近くでも見たことがあるがなにやら大きい直売所のようだったのでぶらりと中へ入ると民家らしきものが2つあって、その前にある棚の上には野菜が3種類、籠の中には玉ねぎがたくさん入った状態で置かれていた。

「ブルーベリー・・・・ない・・・・」と先輩がガックリしていると中から人懐っこそうな顔をしたおばちゃんが出てきた。無人じゃなかったのか。

「あらいらっしゃい」とおばちゃんが声をかけると即座に先輩が「ブルーベリーってないんですか」と聞いた。ブルーベリーだけ中にあるらしくおばちゃんがとりに行く。他にも何か必要なものあったっけ、と少し考えて「玉ねぎも必要かもしれませんね」と先輩に言い、私たちは玉ねぎを2つ買った。ブルーベリーは明日の朝に新鮮なものが入荷するらしく、明日もまた来ると約束する。するとおばちゃんが「あ!!!ちょっと待って!」と言って民家のドアの前を横切り奥から何か大きいものを運んできた。

 

でかい。でかすぎる。

「これもらっていかない?かぼちゃなんだけど売り物にできなくて・・・」と渡されたものはラグビーボールのような形をしたかぼちゃ。色はピスタチオのような色で、大きさは人間の赤ちゃんほどの大きさだ。これが重い。先輩は「もらっていいんすか!?」と目を輝かせていたけど私は「これを旅行期間(3日)でどうやって消費しようか」とそればかり考えていた。無料でいただけるのはありがたいからもちろんもらうが・・・・。

 

先輩は見てこれ、鉄砲みたいにできる、と言いながら肩の上にかぼちゃを抱えたりダンベルに見立てて遊んでいる。呑気だなぁ(かわいい)(カメラ準備)

 

そうしているとあっという間に川へ到着。夕方だったが川はさほど冷たくなく、透明なキレイな川だった。砂浜のような足ざわりの部分がとても気持ちよくて、水をかけられてもすぐ乾くから思う存分水をかけあった。衝撃だったのは「見て~!砂金!」と言いながら先輩がすくった川の土にキラキラしたものがたくさんはいっていたこと。まさか砂金を見れるとは。「とったりしないんですか」と聞いたが法律違反らしい。残念。

 

川で遊び、かぼちゃを運びながらクタクタになって帰宅。いそいそと料理をつくる。たしかこの日は夏野菜丼の温玉のせだった。トマト、ズッキーニ、ナス、豚肉をごろごろ乗せるだけの簡単ごはん。フライパンがなかったのでへんてこりんな鍋のようなもので代用して炒めた。料理中、先輩はコンサートの準備でピアノを練習していた。出来上がると、先輩がおいしいおいしいと言いながら食べてくれたのが嬉しかった。

 

食べ終わると少しぐったりしている私に気づいたのか食器洗いはすべてやってくれてとても助かった。ひと段落してからセブンでかったチャーシューとその他おつまみを広げてワインを飲む。ぺろぺろになった私たちはそのままベッドになだれ込んだ。

もう寝そう、とうとうとしている私に「もう寝ていいよ」と言って部屋の電気を消すと先輩はまたピアノを練習しに行った。やっぱり上手だな、とだんだんと遠ざかるピアノの音を聞きながら一日目は眠りについた。