serious bunburying

隕石で手をあたためていましたがこぼれてしまうこれはなんなの

かわいいは健康

最近「美」について考える。

 

ダイエットがうまくいかない。かわいくない。ミニスカートが似合わない。足太い。あーまたパン食べちゃった・・・

 

とか考えてると精神的にどんどん参ってくるのは女子なら経験あるのではないかと・・・。

でも、ダイエットのために好きなものを我慢するって、かわいいのために好きを犠牲しているようで、それってどうなの?って思うわけです。

かわいい、好き、ってどちらもポジティブな感情で、どっちも両立するべきものなのではないかと。

かわいいと我慢って別ものなんじゃないかと。

 

どうにかして好循環を作れないかなぁ~と思う。

最近気づいたのは、ダイエットがうまくいっていても爆食いしちゃうと次の日もその爆食い習慣が尾をひくということ。胃が大きくなっちゃうのかもしれない。

あと、愛情がたりてなかったりストレスがあるとついつい食べ物に走っちゃう。

保存料・化学調味料の入っているもの、たとえばスナック菓子とかインスタントラーメンとかも、すぐ肌が汚くなるし中毒性があるのかわかんないけど、止まらなくなってしまう。

 

そう考えると、ダイエットとか美容を妨げるのは「不健康なもの」であって、健康な生活をしていればおのずと痩せていくのではないかと・・・

 

思い出すと3か月前に私は個人的健康キャンペーンをひらいていた。

・どうしてもお腹がすいて集中できなくなったら、変なものが入っているお菓子じゃなくて、少し高めの良いお菓子を少し食べる

・スナック菓子があったら隠す

・お米とかパンも食べていいけど、全部腹8分目(ちょっと足りないな~と思うくらい)でとめる

・いっぱい水分(おなかを冷やさないように常温かホットのもの)をとる

・毎日体重計にのる

代謝をあげるのが良いと聞いたのでお風呂に入る前に軽く筋トレをする

・お風呂からでたあとにストレッチとオイルでマッサージをする

・姿勢をよくする

・7時間は寝る

 

などなど思いつく限りの「健康」をしてたわけです。そしたら自然に一週間に3キロ減ったしかわいいって言われるからうれしくてストレスも減り、好きな服も着れる。スナック菓子とかを欲さなくなる・・・・・・などなどすごい良い効果がでまくったわけです。

 

なんで今これが続けられてないかというと新歓イベントの合宿のごはんの量が多くて、けど残さないように食べてしまったり、新しい環境でストレスがあったり・・・・。

健康生活維持するのってめちゃくちゃ難しいんです。

 

けどあの時期に戻りたいな~~と思ってまた挑戦しよっかな、って。

それで思い起こしたらかわいいって健康だよな~って。思った次第。別に好きなもの我慢しなくてもいいけど適量が大事だし、体の声をきくのって大事だよね~。