Serious Bunburying

隕石で手をあたためていましたがこぼれてしまうこれはなんなの

重要

なんで、メディコムを受けようか迷ってるのか

 

メディアに興味があるから

 

なんでメディアに興味があるのか

 

高3で世界史を勉強しているときにテレビを見ていて学校で習っていることと現実が全然違うこと、世間一般で言われていることとリアルの声が違うこと、そしてそれを知らないから目の前の感情を消費させるようにしか思えない情報に踊らされている人々のことを思ったら憤りがフツフツと出てきた。憤りというのはメディアやそれを放置している社会に対して。その憤りに気づかせてくれるきっかけになったのもメディアだ。私はそのリアルと、メディアの生み出す虚像のようなものにはどうしてこんなにも違いが生まれてしまうのかを知りたい。そして、リアルの姿をもっと色んな層に知ってほしい。メディアの感情を消費させるような実態を変えたい。

 

小学校ときからアナウンサーにあこがれていた。そのときの理由は、今までよくわかってなかったのだけど、よくよく思い出してみると放送委員会での放送を私の好きな男の子に褒められたからだったと思う。私は当時、とても地味で、運動ができなくて、発言が苦手で眼鏡をかけていて、そんな自分に過度なくらい自信がなかった。だから、「溝口の声いいよな~!って○○君がお昼の放送のときにいってたよ」って友達から聞いたとき、ものすごくうれしかった。私でもあの男の子の目(耳?)にとまるんだ、私の声で。って思った。高校のときも大学に入ってからも、「溝口は声がいいよね」って言われた。自分で自分の声は意識できないけど強いて言うなら癖のない声だと思う。それを生かせるなら、アナウンサーも悪くないよなって思った。そんな気持ちだったから、私はメディアに興味があってアナウンサーになりたいわけではなかった。

それなのに、私が将来なりたいな~と思う職業は全部メディアに通じるものだった。編集者。CM制作。映像の編集。TV番組作成。コピーライター。何かを伝える。視覚で訴えるもの。小さいころから絵だけは好きで毎日毎日なにかしら自分の想像物を紙に表していた。表現が好きだった。だからかもしれない。なぜそれになりたいのかはわからないけど心惹かれるのは表現物の作成者だった。

私はそのまま進路を考えるべき高3のときも、早稲田の文化構想学部を志望した。イメージについて専門的に学ぶことができたから。だけど、メディアのことについてなんて何も知らないし、TVだって私はもともとあまり見ないほうだった。だから、これでいいのかなぁ、という疑問は常に抱えながらも勉強はしていた。受験勉強の中でスタディサプリの世界史をみて、「今までなんとなく見ていたニュースが作り出したイメージや教科書を読んだ時のイメージと、実際の姿って全然違う」と感じることがあった。その先生が世界各国を旅して自分で見聞きしたことを授業内で話していたからだ。さらに、ちゃんと世界史を学ぶとなぜ世界が今こうあるのか急に理解できるようになった。日本についても然り。でも、こうしてちゃんと勉強しない限り自分の主観やテレビの流す情報だけで世界を見ることになってしまうんだ、そう思ったら急に恐ろしくなった。きっとそういう人たちが大部分を占める世の中で選挙を行っているという事実にも恐怖を感じた。私だってまだまだ知らないことがたくさんあって、そんな中で生きているんだ、と思うと自分の足元が崩れていくような錯覚を覚えた。

いうなれば、自分の無知に、他の人たちの無知に、そして無知のまま社会を動かしている自分たち、そして無知なのにメディアの情報に振り回される私たちにものすごい危機感のようなものを感じた。どうしたらそんな状況を克服できるのか、自分ひとりがいろんな勉強をしたって全体が変わることにはならないし教育制度を変えるなんて大それたこと、途方もなさ過ぎてできる気がしない。それなら、メディアの状況を変えるしかないじゃないか、と。

メディアなら変えるのが簡単だなんてそんなことを言っているわけではない。ただ、それなら下の世代だけでなく選挙権を大幅に占めている大人にまで影響を及ぼすことができると思ったから。そんなときに、NHKの番組、「NHKスペシャル 資本主義の未来 マネーワールド」という経済の特番を見た。世界史で習ったこととリンクしつつ実態についてわかりやすく爆笑問題の2人を起用して説明している番組。また、「クローズアップ現代 21世紀の資本主義はどこへ ~トマ・ピケティに問う~」も印象深かった。NHKの番組は普通なら敬遠しがちかつ現代社会と深く関わりのあるテーマをとても分かりやすく解説している。映像だからこそなせることのできる業だと思う。感動した。

私はこれらに影響を受けて高3の11月ではあったけど慶應の法学部、早稲田の政治経済学部も受けようと思い立った。結局準備が間に合わなくて進学するのは文学部になってしまったが。後悔はしていないけれどそのまましばらくぼんやりとしたまま大学生活を過ごしていた。持前の好奇心旺盛な部分が私をいろんなところに連れて行った。フットワークが軽いといわれるのは単に好奇心のせい。とにかく自分の知らないことを知りたい。勉強じゃなくてもなんでも。けど、一つのことにうちこんでいる友達を見ているとすごくうらやましかったし私はいろんなことに首を突っ込むわりに夢中になれることがなくて悲しかった。唯一面白いと思える近代思想史の授業も、好きなのは思想史ではなくて先生の現代政治に関する雑談だった。彼のプロフィールを調べたら慶應の法政卒で、余計悲しくなった。自分で勉強すればいいのだろうけど何から手を出せばいいのかもよくわからなくて足止めをくらっているような気分だった。

 

丸山さんに出会ったのはそんなときだった。あこがれのNHKの、しかも欲望の資本主義のエグゼクティブプロデューサー。そしてお話の中にでてきた「今の日本はメディアに感情を消費されている」「もっと私たちは皆さんが考えるための材料を提示してそれをもとにみんなで考えるような番組を作るべきだ」「受け身で情報に向き合うのではなく、対話が大事だ」・・・・などなど。私が高3のときに感じたことと同じだ!!!って。感動した。そのときちょうどメディコムを受けるべきか迷っていたところだったから余計ビビッときた。以上思考の整理。