Serious Bunburying

生きるのに必死な××

誰か止めてくれ

どうしてかわからないけど涙がボロボロ目から出てくる、ってことが年をとるにつれて増えた。

 

この間は、nhkの人と話そうとして涙が出た。緊張していたのかもしれない。なんでこんなに涙が出るんだろう、心配してるよ先輩も教授も。泣き止まなきゃ、あーーまた出てきたなにやってんの自分。

 

夏合宿もそうだった。

フレキャンの悩みとか告白されてしまった悩みとか、話しているうちに涙があふれて止まらなくなってしまって周りを随分困惑させてしまった。

 

高三の時、彼氏との登校中にあまりにも幸せで、好きすぎて泣いてしまった。

なぜかわからなかった。

 

今日もやってしまった。

メディコムの面接が終わった瞬間涙があふれて教室の前にいた係の人たちはそんな私を見てぎょっとしていた。圧迫面接が怖くて泣いたわけではない。

 

でも今日気づいた。なんで涙が出てしまうのか。

最初は緊張と、そこから開放された安心感から涙が出てしまうのかと思っていたけど、違う。

自分の考えをうまく言語化できなくて相手に伝え切れなかった時に悔しくて涙が出るのだ。

 

なぜ、嫌なのか、なぜ好きなのか、どうしてこんなにも胸がいっぱいになるのか、基本的に凪いだ私の心の中に、たまに浮かんでくる強い衝動がある。それを他人に伝えようとすると、どれも口から出した途端に言葉が熱さを失ってしまうような気がする。相手もなんだかピンときていない顔をしていて、それを見ると悲しくなって、言語化できない自分に腹が立って涙が出てしまうのだ。

これじゃあミルクが欲しくて、オムツを替えて欲しくて泣きわめく赤ん坊と一緒じゃないか。

 

年をとるにつれて、できることは増えていくけどできないことも同じくらい増えてくる気がする。

 

他人に素直な気持ちを吐露することに恐怖を覚えるようになった。相手の負担は減ったかもしれないけど深い関係になる人はその分減ってしまったし、私は一度心を開いた人にもうまく甘えられなくなってしまった。大抵は人の話を聞く側だ。私の個人的な話なんて聞いたってどうせ他人事で面白くないだろうし話す必要ないだろう、とそう思ってしまう。

 

ツイッターも、どうでもいいことしか書かないのはそれが理由。重いことをかいてしまうと見てる側は不快になる。なら、なんでツイッターなんてもの、あるのだろう。ツイッターでつぶやくたびにそこに書かれなかった言葉たちが死んでいくような気分になる。

 

みんなはどうなんだろう。

なんでみんなは涙が出ないんだろう。

わたしだけ?

 

涙が出た後はボーっとして頭が熱くなってなにも考えられなくなってしまう。頭の中で言葉がまた熱されてドロドロに溶かされたまま体内をめぐっている気がする。知恵熱っていう言葉があるけどこういうことを指すのだろうか。

 

話すことが苦手だ。

口に出して言葉にすると嘘っぽくなってしまうのはなんでだろう。無意識に自分の気持ちを捻じ曲げて相手に伝えようとしているのだろうか。もしそうなら、わたしはもう喋るという行為をやめて感情だけをとっておきたいな。

 

 

フランス料理

最近フランス料理、というかフランスにハマっている。

 

というのも、「フランス人は10着しか服を持たない」の本を読んだから。

 

影響されやすい自分の性格にちょっとあきれるけど、フランス人の生活は私の理想そのもの!だったから本当にあこがれている。ぜひまだ読んでいない人は読んでほしい。

 

そんなわけで今日は料理をつくった。

ラタトゥイユとガトーインビジブル。簡単だけど量が多くて時間がかかる。3時から7時までたちっぱなしでこの2つ+今日の夕飯の豚こまピーマン炒めをつくった。

 

www.youtube.com

 

この人の動画がすばらしい。

フランス料理っていうとなんだか難しそうだけど、動画だと案外さっくり作れてしまうのがわかるし、この動画の音が良い。音フェチにはたまらない。卵の割れる音、ぐつぐつ煮込む音、包丁で果物をさくさく切る音・・・見てるだけで作りたくなってしまう。

 

大人になったら大事な人に手の込んだ料理つくってあげたいなーなんて。

 

健康志向がマシマシの今日このごろ~

 

にしてもうまくできた料理。普段しないけど料理好きなのかもしれない。また何か作ろうかな~

 

生活

f:id:sakecheechan:20171205002409p:image

 

ふと思い出したツイート。

私の先輩にすごく私を好いてくれてるのかなーって人がいて、私もその先輩のこと人間的にに好きなんだけど、今になって恋愛的に好かれてるのかもしれないって気づいた。にっぶ。

 

元彼とした話とか酔った勢いでベラベラ話しちゃったけど、あのとき先輩黙りこくってたな、とか。

ポロポロ思い出すとなんだかこっちまで悲しくなってきてしまった。

 

大学生になると人の好意に性欲の様なものを強く感じてしまってウッとなることが増えた。以前よりも好意そのものの重さが違う。目が違う。瞳の奥にそういう欲が激しく燃えてることに気づいてしまう。

 

その先輩の好意はそうじゃなくて、純粋に「もっとあなたを知りたい」っていう気持ちしか目から伝わってこない。子供みたいな「好き」。ある意味それが一番重いのかもしれない。重いと感じたことはないけど。

 

プラトニックラブに憧れているわけではない、けど、私のこと、DoingよりBeingで好いてくれてることが伝わってきて、嬉しい、愛しい。

 

そういう純粋ないとしさを伝えられる様な人って素敵だ。

どうでもいいの、よくないの

やっと三田祭が終わった。

ピアノの出来はさんざんで、指の力が足りないこと。基礎が足りてなかったこと。いろいろと痛感した。もっとうまくなりたい。

 

そのあとのコンパで先輩に言われた一言がすごく私の中でぐるぐるもやもやしている。

「自分いいっすか!?お前ね、本当に自分を安売りしないほうがいいと思うよ」

 

諭してくれているだけだと思うんだけど、なんだかいらっとしてしまった。

こういうの、サラッと「そうですね~ニコニコ」って返せたらいいのに、私は

「でも私、処女ですよ?」

って返してしまった。真面目に返してどうする。馬鹿野郎。

でもカチンときちゃったんだよ。私は、売ってるふりして肝心なところは売らないっていうのがポリシー(?)だったから。ただ安売りしているようにほかの人からは見られてるのかなって思ったら悲しくなってしまって。

 

 

世の中で自分を安売りしている人ってたいてい心までは安売りしていないと思うんです。

心を開いたフリをして、本当の心は閉ざしたままなんじゃないかな。

特に自分の見た目を売っていく職業なんかは。グラビアアイドルとか。

前に吉岡里帆さんがグラビアアイドル時代について語ってた記事をふとおもいだした。

吉岡:あの時間もある種、文字通り切り売りの時間だったんです。だって私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、「本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ」という教育を受けてきたから。それを、全国区の、ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて。こんなに脱いでも、翌週には別の女の子のことを見るんだろうなと思うと、自分のその「旬すぎる時間」みたいなものがすごく辛かったです。

吉澤:そうですよね……。

吉岡:でもこれを言うと、ファンでいてくれる方たちはすごく怒るんですよね。「応援している人をバカにしてる」という手紙をいただいたこともあります。でも決してバカにしているわけじゃなくて、やりたくないというのは私の偽れない本当の気持ちで、でも、そう思いながらも脱ぐことに意味があると思っていました。嫌なんだけど、自分の夢をつかむために、それをやってほしいと求めてくれる人がいる以上、その人たちに応えるのが私の生き方だということに抗えなかったんです。

私が本当に自分の好きなことだけをする人間だったらーーつまり、人に染まるんじゃなくて自分の色に染めたいような人間だったら、グラビアはやっていなかった。でも、誰かに染められたい以上は、これもやらなければと思ったんです。だから、自分で選んだという自信はあります。同時に、「私は最初にこういうハンデを抱えるんだ」というのもお芝居をしていくうえでの覚悟に繋がりましたし。

吉澤:ハンデと言うと?

吉岡:人は、脱いだ人を「脱いでる人が芝居している」って見るんですよ。脱がない人のことは、はじめから「この人は芝居する人なんだ」という目で見ます。その壁ってすっごく厚くて高くて、自分で自分の首を絞めるみたいな行為をしてしまったと思うこともあります。でも、時間が経って、それがよかったと言ってくれる人がいるのは、やっぱりすごく嬉しい。今となっては、グラビアは本当にやってよかったです。

吉澤:すごく素敵な話。

吉岡:グラビア撮影用の水着って、本当に冗談じゃないくらい痛いんですよ……! スタイリストさんが素敵だって思った布でつくっていて、ゴムとかが入っていないんです。

吉澤:そうなんだ、完全にフィクションなんだね。

吉岡:市販の水着はちゃんと伸びるし守ってくれるけど、私が着ていたグラビア用の水着は、人に見てもらうための水着だったから、ゴムが入っていないどころか、革紐や伸びない布でできることもあって。皮膚に食い込むくらいぐっと縛るから、次の日も跡が残っているんですよ。食い込ませることでお肉がちょっと盛り上がって、それが色気になるという。

—たんに「服を脱いだ」のではなく、文字通り、身体や人生をかけた物語をつくりあげて提示しているわけですね。

吉岡:だから、週刊誌を見るときに本当に考えてほしいのは、写真に写っている子たちは、一世一代の賭けをしているということ。消耗品になることを前提に脱いでいることも含め、いろんなことを思いながら、そこで笑顔でいるんだよっていうのをわかってほしいなと思います。

 

 

こういうの見ちゃうとあの女優さんは嫌い、好き、とか言えなくなっちゃう。

やっぱり裏での努力とか葛藤とかって表では見えないものだよね。

フレキャンやったときも思ったけど、私はそういうのほかの人にどうしても伝えたくなっちゃうから向いてないのかな~って思った。けど、見せずに裏で頑張ってる人って本当にかっこよくて、多分「修行」か何かだと思ってるのかなぁ。苦痛をその先にある目標に対する気持ちが凌駕しちゃっているから耐えられる、というか。

 

そこまでの覚悟はまだ決まっておりません。アナウンサー、なりたいのかな。むしろ最近は裏での番組作りに携わりたい気持ちがむくむくって感じだ。

 

 

 

 

重要

なんで、メディコムを受けようか迷ってるのか

 

メディアに興味があるから

 

なんでメディアに興味があるのか

 

高3で世界史を勉強しているときにテレビを見ていて学校で習っていることと現実が全然違うこと、世間一般で言われていることとリアルの声が違うこと、そしてそれを知らないから目の前の感情を消費させるようにしか思えない情報に踊らされている人々のことを思ったら憤りがフツフツと出てきた。憤りというのはメディアやそれを放置している社会に対して。その憤りに気づかせてくれるきっかけになったのもメディアだ。私はそのリアルと、メディアの生み出す虚像のようなものにはどうしてこんなにも違いが生まれてしまうのかを知りたい。そして、リアルの姿をもっと色んな層に知ってほしい。メディアの感情を消費させるような実態を変えたい。

 

小学校ときからアナウンサーにあこがれていた。そのときの理由は、今までよくわかってなかったのだけど、よくよく思い出してみると放送委員会での放送を私の好きな男の子に褒められたからだったと思う。私は当時、とても地味で、運動ができなくて、発言が苦手で眼鏡をかけていて、そんな自分に過度なくらい自信がなかった。だから、「溝口の声いいよな~!って○○君がお昼の放送のときにいってたよ」って友達から聞いたとき、ものすごくうれしかった。私でもあの男の子の目(耳?)にとまるんだ、私の声で。って思った。高校のときも大学に入ってからも、「溝口は声がいいよね」って言われた。自分で自分の声は意識できないけど強いて言うなら癖のない声だと思う。それを生かせるなら、アナウンサーも悪くないよなって思った。そんな気持ちだったから、私はメディアに興味があってアナウンサーになりたいわけではなかった。

それなのに、私が将来なりたいな~と思う職業は全部メディアに通じるものだった。編集者。CM制作。映像の編集。TV番組作成。コピーライター。何かを伝える。視覚で訴えるもの。小さいころから絵だけは好きで毎日毎日なにかしら自分の想像物を紙に表していた。表現が好きだった。だからかもしれない。なぜそれになりたいのかはわからないけど心惹かれるのは表現物の作成者だった。

私はそのまま進路を考えるべき高3のときも、早稲田の文化構想学部を志望した。イメージについて専門的に学ぶことができたから。だけど、メディアのことについてなんて何も知らないし、TVだって私はもともとあまり見ないほうだった。だから、これでいいのかなぁ、という疑問は常に抱えながらも勉強はしていた。受験勉強の中でスタディサプリの世界史をみて、「今までなんとなく見ていたニュースが作り出したイメージや教科書を読んだ時のイメージと、実際の姿って全然違う」と感じることがあった。その先生が世界各国を旅して自分で見聞きしたことを授業内で話していたからだ。さらに、ちゃんと世界史を学ぶとなぜ世界が今こうあるのか急に理解できるようになった。日本についても然り。でも、こうしてちゃんと勉強しない限り自分の主観やテレビの流す情報だけで世界を見ることになってしまうんだ、そう思ったら急に恐ろしくなった。きっとそういう人たちが大部分を占める世の中で選挙を行っているという事実にも恐怖を感じた。私だってまだまだ知らないことがたくさんあって、そんな中で生きているんだ、と思うと自分の足元が崩れていくような錯覚を覚えた。

いうなれば、自分の無知に、他の人たちの無知に、そして無知のまま社会を動かしている自分たち、そして無知なのにメディアの情報に振り回される私たちにものすごい危機感のようなものを感じた。どうしたらそんな状況を克服できるのか、自分ひとりがいろんな勉強をしたって全体が変わることにはならないし教育制度を変えるなんて大それたこと、途方もなさ過ぎてできる気がしない。それなら、メディアの状況を変えるしかないじゃないか、と。

メディアなら変えるのが簡単だなんてそんなことを言っているわけではない。ただ、それなら下の世代だけでなく選挙権を大幅に占めている大人にまで影響を及ぼすことができると思ったから。そんなときに、NHKの番組、「NHKスペシャル 資本主義の未来 マネーワールド」という経済の特番を見た。世界史で習ったこととリンクしつつ実態についてわかりやすく爆笑問題の2人を起用して説明している番組。また、「クローズアップ現代 21世紀の資本主義はどこへ ~トマ・ピケティに問う~」も印象深かった。NHKの番組は普通なら敬遠しがちかつ現代社会と深く関わりのあるテーマをとても分かりやすく解説している。映像だからこそなせることのできる業だと思う。感動した。

私はこれらに影響を受けて高3の11月ではあったけど慶應の法学部、早稲田の政治経済学部も受けようと思い立った。結局準備が間に合わなくて進学するのは文学部になってしまったが。後悔はしていないけれどそのまましばらくぼんやりとしたまま大学生活を過ごしていた。持前の好奇心旺盛な部分が私をいろんなところに連れて行った。フットワークが軽いといわれるのは単に好奇心のせい。とにかく自分の知らないことを知りたい。勉強じゃなくてもなんでも。けど、一つのことにうちこんでいる友達を見ているとすごくうらやましかったし私はいろんなことに首を突っ込むわりに夢中になれることがなくて悲しかった。唯一面白いと思える近代思想史の授業も、好きなのは思想史ではなくて先生の現代政治に関する雑談だった。彼のプロフィールを調べたら慶應の法政卒で、余計悲しくなった。自分で勉強すればいいのだろうけど何から手を出せばいいのかもよくわからなくて足止めをくらっているような気分だった。

 

丸山さんに出会ったのはそんなときだった。あこがれのNHKの、しかも欲望の資本主義のエグゼクティブプロデューサー。そしてお話の中にでてきた「今の日本はメディアに感情を消費されている」「もっと私たちは皆さんが考えるための材料を提示してそれをもとにみんなで考えるような番組を作るべきだ」「受け身で情報に向き合うのではなく、対話が大事だ」・・・・などなど。私が高3のときに感じたことと同じだ!!!って。感動した。そのときちょうどメディコムを受けるべきか迷っていたところだったから余計ビビッときた。以上思考の整理。

君はなんで

近頃の私はおかしい

 

何がおかしいかって言われるとよくわからないのだけど、受験前みたいになっている、という表現が一番しっくりくる。

 

妙に意識が高いけど明確な目標もないし何がしたいのかもわからない、でも好奇心だけはすごいみたいな。

 

なのにメディコムの試験は迫ってて、三田祭も迫ってて、考える時間をくださいって感じ。

 

なんで、メディコムを受けようか迷ってるのか

 

メディアに興味があるから

 

なんでメディアに興味があるのか

 

高3で世界史を勉強しているときにテレビを見ていて学校で習っていることと実際が全然違うこと、世間一般で言われていることとリアルの声が違うこと、そしてそれを知らないから目の前の感情を消費させるようにしか思えない情報に踊らされている人々のことを思ったら憤りがフツフツと出てきた。憤りというのはメディアやそれを放置している社会に対して。その憤りに気づかせてくれるきっかけになったのもメディアだ。私はそのリアルと、メディアの生み出す虚像のようなものにはどうしてこんなにも違いが生まれてしまうのかを知りたい。そして、リアルの姿をもっと色んな層に知ってほしい。メディアの感情を消費させるような実態を変えたい。

 

だから、政治についてもっと知りたいしメディアのことについても知りたい。知りたい。なんでも。

 

書いたらいっぱいあるのね。笑

 

倫理学をやりたいのは、人と人の繋がりの本質のようなものがそこに隠されているような気がしたから。人と人の在り方を知りたい。

 

でも、社会学も気にはなるのだ〜あ〜

 

 

 

 

 

 

 

メディコムの試験対策が大変だけど常識として知っておくべきなんだろな。政治知識を入れる良いきっかけにもなるし。

 

情報を共有し、対話につなげる。

 

丸山さんのはなしめちゃ私の理想なんだよなぁ、かっこいい…響く…

一人っていい

一人の時間ってものすごくものすごく落ち着く。

 

前しいたけ占いに書いてあったみたいに、ふたご座は一人の時間を重視するっていうのは本当に当たってると思う。

 

人の話を聞いていて、笑えなくなった。

心から面白いと思うことが減った。

 

どうしたらいいんだろうな。

 

おなか痛いくらい笑いたいのになぁ、自分の中のギャグ線も昔より減っているようで悲しい。

 

だから、今は一人でいたい。今までは学校にいて、必ず周りに知り合いがいたけど今は全然いないから。一人で入れるから。一人で好きなとこに好きな時に行けるのってある意味大学生の間だけだし。